Business

事業内容

国際ビジネスについて

求められるノウハウ

国内ビジネスと国際ビジネスでは多くの相違点があり、同じ海外といっても取引国、文化、言語、企業サイズ、業界、規制、商品によって大きく異なります。したがって、国際ビジネスを成功させるための戦略や方法は決して一つではなく、また、それ特有のリスクコントロールが必要不可欠となります。例えば、言葉の壁はそのリスクの代表例としてよく挙げられますが、それ自体は国際ビジネスを構成する一つのピースに過ぎず、むしろ、それ以外の側面における深いノウハウが求められます。

  1. 国際マーケティング
  2. IT・電子商取引(eコマース)
  3. 案件分析
  4. 信用調査
  5. フィルタリング
  6. 商品の開発・製造(製造企業との連携)
  7. パッケージ・ラベルのデザイニング
  8. 取引相手国の現地法規制
    1. 商品登録
    2. 輸出入手続き
    3. ラベル表示
  9. 法務(契約・書類業務など)
  10. コスト管理・為替変動リスクの管理・価格交渉
  11. 国際物流・輸出入手続き
  12. 顧客サービス・フォローアップ
  13. クレーム管理・保険関係
  14. その他リスク管理

弊社は、上記の側面を全てカバーしながら、国内メーカー・サプライヤー様の海外における営業活動を代行します。それらのメーカー・サプライヤー様にとっては、海外営業にコストを費やすことなく、最小限のリスクで、海外への販路拡大を目指すことが可能となります。したがって、従来通り、各メーカー・サプライヤー様は、本業である優れた日本製品の企画・開発・製造に専念することができます。

成功の鍵

国際ビジネスにおける成功のためにはまず、各メーカー・サプライヤー様と弊社の間に以下の関係が必要です。その上で、両者がそれぞれの責任と役割を果たしていくことが成功の鍵となります。

  • チームワーク力=各々の強みを掛け合わせながら、チームとして行動する。
  • 透明性=海外の顧客及び市場に関する情報を共有し、相互に教育を図る。
  • 協力=めまぐるしく変化する状況へ柔軟に対応するため、相互に協力を図る。

また、国際ビジネスでは、自らの力でコントロールできる点とそうでない点があります。自らの力でコントロールできる点で最善を尽くし、そうでない状況に追い込まれることを回避することも重要な成功要素です。

さらには、「忍耐」も必要不可欠な成功要素です。長期に持続可能なビジネスにおいては魔法などなく、その結果がランダムに、また、すぐに出るわけではありません。ひたむきに粘り強く、計画的な努力こそが、良い結果へとつながるのです。